武蔵御嶽神社太々神楽
f0175260_16392148.jpg
AF-S VR 70-200mm F2.8G,Nikon D300
撮影地:東京都青梅市,2011年6月

信仰の山に二百数十年前から伝わる神代の世界。




第一幕「奉幣」。翁が舞台に幣(みてぐら)を捧げ祓い清める(上の写真)。


f0175260_16473181.jpg

第二幕「鍛冶」。京の小鍛治宗近が天狐(写真)の助けをかりて銘刀・小狐丸を鍛えあげる。

f0175260_16522248.jpg

第三幕「天孫降臨」では、偵察に降りた天穂日命(あめのほひのみこと)が猿田彦神の姿を見て驚く。

f0175260_1656121.jpg

その猿田彦神は地上の道案内のため天孫の降臨を待ち申し上げていたのであった。

f0175260_16594672.jpg

第四幕「山の神」。醜女(磐長姫)が杓子と鈴を持ち神に御食を奉り、餅を撒く。
社家32戸が世襲で受け継ぐ神代の物語。

by perforation | 2011-06-19 17:13 | 民俗芸能
<< 高千穂の夜神楽 横須賀の虎踊 >>


 
by ぜんまいねずみ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
なつかし街
神社仏閣
民俗芸能
自然風景

タグ
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2012年 05月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2008年 08月
2008年 05月
2007年 11月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2006年 05月
ご利用にあたって
掲載記事や図版・写真の著作権はそれぞれの権利者が保有しています
無断転載および商用利用はご遠慮ください
外部リンク
検索
その他のジャンル
ブログジャンル